「小黒川・駒ケ岳」 スマートICの名称決まる

LINEで送る
Pocket

伊那市と駒ケ根市の中央道で整備が進むスマートインターチェンジ(IC)の正式名称がそれぞれ決まった。伊那市西町の小黒川パーキングエリア(PA)に整備する「小黒川スマートIC」と、駒ケ根市の福岡区と南割区にまたがる駒ケ岳サービスエリア(SA)に併設する「駒ケ岳スマートIC」。いずれも7日、両市が発表した。

小黒川スマートICは2017年9月末開通を目指す。駒ケ岳スマートICは18年3月の供用開始を予定。

それぞれ地元自治体や国、県、関係団体などでつくる地区協議会で原案を検討し、道路標識適正化委員会県部会で審議された名称案を、中日本高速道路などに伝達し、決定された。

おすすめ情報

PAGE TOP