12日に八ケ岳新そば祭り 茅野駅周辺の3会場

LINEで送る
Pocket

第6回信州八ケ岳新そば祭り(祭典実行委員会主催)は12日午前10時30分から、JR茅野駅周辺を会場に開かれる。今回は同駅近くの西口弥生通り、駅東口イベントスペースに加えて新しく整備された宮川「かんてんぐら」前も会場になる。過去最多の11店舗が参加し、3会場に分かれて八ケ岳山麓の新ソバで手打ちそばを提供する。

今回は来場者が会場を巡る仕掛けで、スタンプラリーを導入。会場で配布されるアンケートに答えて3会場でそばを食べると、宮川「かんてんぐら」会場でみそのプレゼントがある。アンケートに回答すると抽選で10人に「年越しそばセット」も当たる。

会場では、生産者の姿も身近に感じてもらおうと刈り取りのコンバインやパネルなども展示。宮川「かんてんぐら」前ではワインの試飲(先着300人)がある。

同時開催イベントで、そば打ち体験や「エキナカ市」「エキナカ赤ちょうちん」も開かれる。イベントで使えるクーポン券の発行もある。

そば祭りの時間帯は午前10時30分から午後3時で売り切れ次第終了。1食(もりそば、かけそば)500円から。駐車場は▽茅野市役所▽ひと・まちプラザ▽市公民館▽宮川おかめ神社横▽かんてんぐら前▽諏訪信用金庫宮川支店裏―の6カ所。

問い合わせは実行委事務局(電話0266・72・3801)へ。

参加そば店は次の通り。
【駅東口】
 呉竹房、茅野そば打ち愛好会、遊楽庵(以上、茅野市)

【西口弥生通り】
 美蕎楽交流会(塩尻市)おのこのそば家、ひな、更科、道玄、吉成(以上、茅野市)

【宮川「かんてんぐら」】
喜蕎八(富士見町)長寿更科(茅野市)

おすすめ情報

PAGE TOP