どうしよう運転免許証 岡谷署に返納相談室

LINEで送る
Pocket

岡谷署に免許証返納相談室が開設

岡谷署に免許証返納相談室が開設

岡谷署は、運転免許証自主返納に関する相談室を新たに設置した。これまでの相談窓口に加え、高齢者や家族のプライバシーに配慮したスペースを設けて、より相談しやすい環境を整えた。高齢ドライバーによる重大な交通事故が全国で相次ぐ中、「返納の意思の有無にかかわらず気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

相談室の設置は、県内22署で4番目。身分証明書として使用できる「運転経歴証明書」の発行について説明する。返納後には、シルキーバスの回数券1500円分を交付し、運転経歴証明書の提示で地元タクシー会社のタクシー料金が1割引になる制度を紹介する。独自に作成した返納を促すチラシも置いている。

同署によると、管内の相談件数は増えているといい、家族からは「本人の運転が危なっかしい。やめさせたいが耳を貸さない」、高齢者からは「車の代わりとなる交通手段はあるのか」といった不安が寄せられるという。

交通課の河野正課長は「ゆっくりと希望に見合った相談ができるよう力を入れていきたい」としている。

同署によると、岡谷市の今年の自主返納者は13日時点、102人で、前年同期比11人減。高齢ドライバーによる事故は同比11件減の45件となっている。

おすすめ情報

PAGE TOP