みはらしファーム 21日からお菜洗い場

LINEで送る
Pocket

みはらしファームに設置されたお菜洗い場

みはらしファームに設置されたお菜洗い場

伊那市は、西箕輪にある農業公園「みはらしファーム」にお菜洗い場を設置し、21日から利用を始める。「羽広温泉」の源泉を活用。今年度は試験設置のため、対象者は原則市民に限り、料金は無料とする。利用には事前の申し込みが必要で、16日から予約を受け付ける。利用期間は12月18日まで。

お菜洗い場はみはらしファーム内の温泉スタンド駐車場に5カ所設置。シンクを置き、湯を引く配管工事を行った。利用時間は午前9時~午後2時。午後3時には施設を閉める。1回1時間の完全予約制で、午前9時から1時間単位の利用となる。

利用希望者はみはらしファーム公園事務所(電話0265・74・1807)へ申し込む。予約の受付時間は午前9時~午後5時。当日は同事務所で受け付けをしてから利用する。帰りに利用証を返却し、ごみなどは必ず持ち帰る。

市によると、みはらしファームには過去にも温泉を使ったお菜洗い場を設けたことがあるが、利用者から「混雑する」「葉くずが出る」などの声が寄せられたため、取りやめた経過がある。

昨年度、ふるさと納税で寄せられた寄付金を活用し、温泉の採取権を追加取得したことを受け、増加分を市民に還元するという方針の一環で再度の設置を決めた。シンクなどは前回のものを再利用した。今年度は試験設置とし、利用状況などを検証した上で、来年度以降の本格設置を検討する。

近くの農業の男性(25)は「秋から冬にかけてカブを洗うために温泉スタンドを利用している。温かくて手に優しい。洗い場は自家用の野沢菜を漬ける時に利用したい」と話していた。

問い合わせは市農政課(電話0265・78・4111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP