県更生保護女性連盟60周年 記念の集い

LINEで送る
Pocket

県更生保護女性連盟(笠井嘉代子会長)は18日、結成60周年記念の第18回県更生保護女性の集いを長野市で開いた。功労者の顕彰や講演会を行い、明るい地域づくりの支えとして誇りを持って活動していく意志を再確認した。

同連盟は1957年、県内ですでに活動していた8地区の婦人会が県単位の組織として結成。現在22地区で約5300人が活動している。笠井会長は式辞で60年の歴史を振り返り、「更生保護活動が地域になかなか浸透していない現実がある。60年の積み重ねを大切に、活動の『見える化』を大切に地域に密着した活動を目指していきたい」と述べた。

講演では日本連盟の千葉景子会長が「長野は、地域も彩り豊かに更女活動も多彩に」の演題で話した。

おすすめ情報

PAGE TOP