節電の冬 無理のない範囲で実践を

LINEで送る
Pocket

節電の冬が12月から始まる。県は「冬の信州省エネ大作戦2016」と称して、今冬も12月1日~来年3月31日の期間で実施する。昨年冬に続き、最大電力を10年度比で5%削減する県独自の数値目標を掲げ、節電・省エネ活動を推進する狙いだ。未来志向型社会のライフスタイルを確かなものにするためにも、賢い節電を毎日の暮らしの中で生かしたい。

2011年3月の東日本大震災以来、国内の産業界をはじめ官公庁、一般社会を含めた社会全体が危機意識を共有し、節電・省エネ対策に取り組んできた。その成果もあってか、政府は今冬、企業や一般家庭などに節電要請しないことを決めた。大震災以降の夏と冬期間に続けられてきたが、今夏に続き見送られることになった。

電力会社間の融通がなくても、全国のエリアで電力需要に対する供給余力(予備率)が最低限必要な「3%」を確保できる見通しになったためだ。社会に節電意識が定着してきたことも大きな要因の一つだろう。

今冬の信州省エネ大作戦では、県民に着実に浸透してきた節電・省エネへの取り組みをさらに深化させたい。

かぎを握るのは、一般家庭の節電だ。ただ、冬期間は夏場とは異なり、電力需要のピークが朝方と夜間の2回ある。朝晩の冷え込みが厳しい県内は、その分だけ電力需要の大きい時間帯が長くなる。

昨冬は大陸から強い寒気が流れ込んだ影響で、最大電力が10年度比で5・7%増となり、13年度から3年連続で県が掲げた数値目標を達成できなかった。大震災前の10年と比較し電力需要は減少傾向にあるとはいえ、成果を上げるためには、もう一歩踏み込んだ工夫と“仕掛け”が必要だ。

12月からの節電期間を迎えるにあたって、県は家庭版「節電・エネアクションメニュー」を作成した。エアコンは20度に設定し、電気こたつなどの温度設定を低めに調節する。窓には厚手のカーテンを掛けて冷気の侵入を防ぎ、不要な照明はこまめに消す―などと紹介し、協力を呼び掛けている。

どれを取っても、ちょっとした心掛け次第で簡単にできることばかりだ。無理のない範囲で実践したい。企業や官公庁などで取り組んでいる「ウオームビズ」も一段と推し進めたい。

おすすめ情報

PAGE TOP