2016年11月23日付

LINEで送る
Pocket

冬を迎えようとするこの時期。毎年悩むのが、車のタイヤの交換時期だ。突然降る雪に慌てないためには早めの履き替えが必要だけれど、作業に必要なタイヤや工具を持ち出すのが面倒で、つい先送りしがちになる▼交換をしていていつも感じるのが、自動車という物の重さである。車体をジャッキで上げるのはひと苦労。タイヤ1本を動かすのもきつい。これがスピードを上げて人に接触したらと思うと、恐ろしい。安全運転の大切さを改めて思う▼自動車点検整備推進協議会が、全国300人を対象に実施した調査結果がある。それによると、マイカーの日常点検について、「よくする」が8%、「時々する」が26%、「全くしない」は35%だった。点検しない理由は「知識がないから」「面倒なので」が上位を占めた▼JAF(日本自動車連盟)は、安全運転につながる日常点検の重要性をホームページで強調する。エンジンルームをのぞき、車の周りを回り、運転席に座って、と説明しながら、15のチェック項目を例示。「1カ月に1回を目安とし、長距離走行や大雨、雪道運転の際も励行を」と求める▼タイヤ交換をしていると、車のあちこちにおのずと目が行く。ランプの点検やエンジンルーム内の油脂類のチェックも決して難しくはない。慣れれば簡単にできる。23、24日は所によって雪の予報が出ている。車の冬の準備に合わせて点検を、と思う。

おすすめ情報

PAGE TOP