ミカン詰め放題人気 まるこま市場でまつり

LINEで送る
Pocket

詰め放題企画でおいしそうなミカンを選び、袋詰めする買い物客

詰め放題企画でおいしそうなミカンを選び、袋詰めする買い物客

駒ケ根市公設地方卸売市場(通称まるこま市場、同市上穂町)で23日、秋恒例の市場まつりが開かれた。農産物の販売や餅つき体験、野菜の重さ当てクイズなどを行い、多くの市民でにぎわった。

地元住民に市場の役割を知ってもらい、地産地消の推進に役立てる狙い。今年は秋の天候不順で農産物の入荷量は「少なめ」(市場)だが、まつりでは葉物野菜や根菜類、果物などを豊富にそろえ、通常よりも安く販売した。

人気の詰め放題企画には静岡県産の温州ミカン約1・3トンを用意した。中には1袋500円で購入した2キロ用ネットに3キロ以上のミカンを詰める人もおり、販売担当の男性は「赤字になるかも…」と苦笑した。

詰め放題に挑んだ加藤貴恵さん(34)=同市=は「ミカンは大好きなのでたくさん詰められて幸せ。家族4人で味わいたい」と喜んだ。松原博人場長(43)は「生産者と買受人が協力して消費者とふれあう良い機会。皆さんに満足していただけたらこちらもうれしい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP