初代グランプリに飯森さん 第1回すわカラ

LINEで送る
Pocket

カラオケ好きが集う「第1回すわカラ」(上諏訪カラオケ合戦)が27日、諏訪市文化センターで開かれた。スナックやカラオケ店などの予選を通過した29組が出場して熱唱。最高賞のグランプリには歯科衛生士の飯森朱里(あかり)さん(24)=岡谷市本町2=が輝いた。

初代グランプリに輝いた飯森さん

初代グランプリに輝いた飯森さん

上諏訪駅周辺の飲食店主ら有志がプロジェクトをつくり開催した。歌のジャンルや世代を問わず予選から参加してもらうことでカラオケファンが増加。地域のにぎわい創出につなげれば―との願いを込めた。

この日の本選には15店舗の予選を勝ち抜いた上位2位までが出場。予選に参加した愛好者や、仲間、家族らも大勢来場し熱い声援を送った。地元のプロ歌手ら5人が歌のめりはりやテンポなどを基準に審査。上位9組に盾を贈りたたえた。

飯森さんは、高校時代にはバンドのボーカルを担当、今年10月にはカラオケの全国大会に出場している実力派。まちの活性化を目的にした同大会の趣旨に賛同して参加したという。

曲目は「花」。「最初は少し緊張したけれど精いっぱい歌えた」と述べ「たくさんの仲間たちが支えてくれたからここまでこられた。(グランプリは)うれしい」と笑顔を見せた。

歌い終わった参加者からは「思い出になった」「音響が良く楽しかった」「またやってほしい」との声も。プロジェクト代表の伊藤忠利さん(72)=諏訪市大手=は「素晴らしい歌唱を聴くことができた」と感謝。「第2回大会を計画していきたい」と述べた。予選には約200人が参加した。

入賞者は次の皆さん。(かっこ内は本選選出店舗名)
▽グランプリ=飯森朱里(湖洛) ▽準グランプリ=北原啓司(@マイケルズ) ▽3位=太田紗也香(ペルシャ館) ▽信濃毎日新聞社賞=三尾美智子(JOYJOY) ▽長野日報社賞=伴真人・脇水伊織(湖洛) ▽諏訪市民新聞社賞=田中ヨシオ(フリーダム) ▽LCV賞=丸山正太郎・伊藤典成(ひなた) ▽たかしまん賞=北澤春佳(時遊館) ▽「すわカラ」特別賞=矢嶌知茂(JERRY)

おすすめ情報

PAGE TOP