幻想世界「冬のほたる」 辰野の荒神山公園

LINEで送る
Pocket

アニメキャラクターなど多彩な光の競演が楽しめる冬のほたる

アニメキャラクターなど多彩な光の競演が楽しめる冬のほたる

辰野町のイルミネーションイベント「冬のほたる2016」(町観光協会主催、長野日報社など後援)が、荒神山公園で開かれている。人気キャラクターや動物など、町内外15の企業、有志団体、保育園、個人が趣向を凝らして作った電飾が、彩りにあふれる冬の夜を演出している。

イベントは、冬のにぎわい創出を狙いに開いており8回目。アニメ「となりのトトロ」や「妖怪ウォッチ」のキャラクター、ヘリコプターなどの大型オブジェが並ぶ。今年は蛍生息地の町らしく、芝生広場斜面にゲンジボタルの発光を模したデザインや、町イメージキャラクター「ぴっかりちゃん」の電飾も輝く。

家族と訪れた同町宮木の小平莉桜ちゃん(5)、優愛ちゃん(4)姉妹は、乗車できる「ネコバス」を見て「窓から見てもいい景色。きれいだね」とご機嫌の様子だった。

イベントは25日まで。点灯日没~午後9時。19日に同協会フォトコンテストとの連携企画「ほたるの里フォトセミナー」、23日には恒例の「ファイナル花火」を行う。問い合わせは事務局の町産業振興課(電話0266・41・1111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP