原村長選 立候補予定者との懇談など有志企画

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う25日告示、30日投開票の原村長選に向けて、村内の住民有志グループなどは、すでに立候補を表明しているともに無所属新人の小林千展氏(66)=柏木=と牛山貴広氏(42)=上里=との懇談会や公開討論会を計画している。2人の政策の違いを知り、住民みんなで村の将来を考える機会にする。広く住民に参加してもらおうと、それぞれ準備を加速させている。

このうち、0~2歳児が対象の八ケ岳風の子保育園(同村八ツ手)の保護者有志や、村立保育園の保護者会長らは7、21の両日、子育てをテーマとした懇談会を午後4時30分から1時間程度、八ケ岳風の子保育園で開く。誰でも参加できる。

7日は小林氏、21日は牛山氏とそれぞれ懇談する。子育て政策について自由に質問したり、2人と意見を交換したりする予定で、村の保育料、食育や食の安全性などを議題として想定している。

懇談会は同園を運営する社会福祉法人織りなす(同村)、同園を開所した有志でつくる「乳児保育園を原村につくりたいプロジェクト」、八ケ岳の環境を守る住民グループ「八ケ岳の美しい環境を継承する会」も参画している。

保護者が参加しやすいよう子どもを迎えに行き、夕食の支度に帰るまでの夕方に設定した。同法人常務理事の橘田源二さん(74)=同村=は「子育てに関心のある人や保育園の保護者に自由に参加してもらい、子どもを産み育てる環境をどう考えるか聞いてほしい。立候補予定者にも自分の考えを述べてもらいたい」と話している。予約不要で希望者は直接会場へ。

このほか諏訪圏青年会議所が公開討論会を計画しているほか、村民有志グループ「ハラビレッジミーティング」と同村中新田の宿泊施設「ココットビレッジ」の角谷智子さんがそれぞれ村内で2人との懇談会を企画している。

おすすめ情報

PAGE TOP