純高遠産の新酒「やまむろ」奉納

LINEで送る
Pocket

鉾持神社松尾社に奉納された「やまむろ」=8日、高遠町

鉾持神社松尾社に奉納された「やまむろ」=8日、高遠町

伊那市高遠町の酒販店でつくる高遠旨い酒研究会(北原義克会長)は8日、鉾持神社松尾社に純米搾りたて生原酒「やまむろ」を奉納した。純高遠産の新酒を11日から高遠限定で発売する。

農事組合法人山室が高遠町山室で栽培した酒米「ひとごこち」を100%使い、酒造会社仙醸が醸造し、出来たてを瓶詰めした。研究会に加盟する7酒販店で取り扱う。

新酒ならではのフレッシュで引き締まった味と、爽快な香りに仕上がった。搾りたてだけに、炭酸のようなピリッとした口当たりがする。冷やで飲むのが最適という。

神事には関係者約10人が参列し、酒の神様として知られる松尾社に瓶詰めしたばかりの「やまむろ」を奉納した。北原会長は「絶対の自信を持ってお勧めできる。発売日を待っているお客さんは多い」と話す。

1000本限定。720ミリリットル入り。1300円。例年2週間ほどで完売するという。

取扱店は次の通り。
桜井酒店、叶屋商店、酒舗にんべん、高田酒店、旭屋商店、萬寿屋商店、十一屋商店

おすすめ情報

PAGE TOP