高島城天守持ち上げた「櫓」 諏訪市博物館

LINEで送る
Pocket

高島城の石垣修理の際に堀に建てられた櫓を再現した立体模型

高島城の石垣修理の際に堀に建てられた櫓を再現した立体模型

諏訪市博物館は9日、1786(天明6)年にあった高島城天守の石垣修理の際に、天守を持ち上げたり、支えたりした櫓の立体模型を展示した。開催中の企画展「大隅流の大工と建築―高島藩大工棟梁と技と誇り」に合わせて製作した。

大隅流の高島藩大工棟梁、伊藤儀左衛門が書き残した下絵などを基に再現。同博物館は「一般的に、てこの原理を利用して天守を持ち上げたというが、実際どうやったか分からない。模型を見てもらい修理の方法やアイデアを寄せてもらえれば」としている。

高島城の修理は築城後たびたび行われているが、儀左衛門が行ったこの石垣修理は前代未聞の大工事だったという。博物館では平面の下絵を展示しているのに加え立体模型をつくり、当時の工法をより分かりやすく紹介した。

下絵を基に1級建築士の五味光一さん(62)=同市四賀神戸=が設計図を書き、大隅流の流れをくむ寺社建築の石田組社長の石田喜章さん(63)=同市四賀桑原=が1カ月ほど掛け製作した。

柱200本をはじめ、貫、筋交いなど約400本を組み合わせ、30分の1の大きさ(幅1メートル、高さ43センチ、奥行き1・43メートル)に仕上げた。

石垣の修理は北側(並木通り側)を全面、東側と西側は一部で行われ、このとき天守は北側を下に30センチほど傾いていたという。櫓は北側の堀の水を抜き高く組み立てられた。最上部から長い丸太を天守側に複数出し、天守の土台下に通して工事をしたとみられる。

石田さんは「儀左衛門の天守を支えながら、その下で工事をする―という発想は素晴らしい」とし「どうやって持ち上げたか詳しく分からないが(儀左衛門は)知恵があり、度胸もあった」としている。

企画展開催中の来年1月9日まで公開している。

おすすめ情報

PAGE TOP