岡工の3人 ものづくりコンテスト北信越大会へ

LINEで送る
Pocket

岡谷工業高校(岡谷市)の環境化学科3年江塚由佳さん(17)=辰野町辰野=、情報技術科3年フィッシャー翔音さん(17)=茅野市湖東=、2年塩澤匠生さん(16)=同=が、7~8月に県内各地で行われた工業を学ぶ高校生を対象とした「第23回高校生ものづくりコンテスト」の県大会で好成績を収め、北信越大会進出を決めた。3人は次の大会に向けて、さらなる技術向上に励んでいる。

江塚さんは7月1日に同校で行われた試料水中の全硬度・カルシウム硬度・マグネシウム硬度をキレート滴定法で求め、測定結果を報告書にまとめて提出する化学分析部門で優勝。「3月から先輩に教えてもらって毎日練習してきた成果が出た。全国大会出場を目指したい」と話している。

フィッシャーさん、塩澤さんは8月1日に長野県工科短期大学校(長野市)で行われた電子回路組立部門に出場。競技では、電子回路を設計・製作したほか、制御プログラムを作った。はんだ付けの技術やプログラム作成能力を競い、塩澤さんが優勝、フィッシャーさんが準優勝した。「全国大会出場を目標にミスのないよう頑張りたい」とフィッシャーさん。塩澤さんは「去年は1点差で北信越大会を逃した。北信越では自分のベストを尽くしたい」と意気込んだ。

江塚さんは北信越大会化学分析部門(22日、福井県)、フィッシャーさんと塩澤さんは同大会電子回路組立部門(9月9日、新潟県)に出場する。

おすすめ情報

PAGE TOP