ボルダリング広げたい 諏訪市にオープン

LINEで送る
Pocket

自分のレベルに合ったルートでボルダリングを楽しむ利用者

自分のレベルに合ったルートでボルダリングを楽しむ利用者

2020年の東京オリンピックでスポーツクライミングが追加種目に決まり、全国的に注目が集まるなか、スポーツクライミング種目の一つボルダリングの専用施設「エッジアンドソファーボルダリングパーク諏訪」が諏訪市豊田にオープンした。諏訪地方では初となる専用施設で愛好者のほかに初心者も数多く利用し心地よい汗を流している。

松本市内のボルダリング施設を利用していた諏訪地方の愛好者の要望を受け、運営会社のトリップサービス(松本市)が11月中旬、諏訪市内に新設した。豊田文出の空き倉庫を改修して専用施設にした。

施設には高さ約4メートルの壁につかんだり、足をかけたりするホールドが無数に取り付けられ、約150ルートが用意されている。ルートごとにハートや音符などの目印となるテープが貼られ、同じマークのホールドだけを使い上へ登っていく。ルートによって壁に傾斜が付いていたり、ホールドの数が少なかったりして難易度も初心者から上級者まで対応している。

平日は約30人、土日祝日は約60人の利用者がいるという。子どもから大人まで幅広い人が訪れており、喜多篤志店長(42)は「必要な道具は専用の靴と滑り止めの粉(チョーク)だけなので、ほとんど体一つでできる。2メートルくらいの高さでも十分楽しめる」と魅力を話す。

初心者向けの体験会は定休日の金曜日以外毎日開いており、スタッフ3人が交代で説明し気軽にボルダリングに挑戦できる。「体験会などを通じてボルダリングの裾野を広げていきたい」と喜多店長。「スポーツクライミングは日本勢は非常に強い。有力な選手もいるため、オリンピックで活躍することでボルダリングもさらに注目されると思う」と期待している。

体験会は平日は午後1時からと午後7時からの2回。土日祝日は正午、午後3時、午後6時からの3回。料金は大人2800円、学生2200円、高校生以下1500円。靴などのレンタルもある。

通常の一日利用は大人(平日2200円、土日祝日2500円)、学生1700円、高校生以下1200円。会員割引がある。団体利用の場合のみ事前予約が必要。

営業時間は平日が正午から午後10時30分。土日祝日は正午から午後9時まで。毎週金曜日が定休日。

問い合わせは同施設(電話0266・75・2913)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP