青い波、白い氷諏訪湖イルミ 岡谷・蚕糸公園

LINEで送る
Pocket

旧岡谷市役所庁舎をバックに彩られた蚕糸公園のイルミネーション

岡谷市幸町の蚕糸公園で25日夜、公園を彩る青と白のイルミネーションが点灯した。設置された発光ダイオード(LED)は約1万5000個。諏訪湖をイメージして公園周囲の芝生を青い波が埋め、中央の円形築山は白い氷で覆われている。

同市が再整備し、今年6月にリニューアルした蚕糸公園。LEDは、市から管理を委託されているおかや文化振興事業団が設置し、公園内のモミジとサルスベリの樹木は紫色にライトアップ。公園バス停待合所の横にあるパーゴラ(日陰棚)の天井からはつららをイメージした白いLEDが垂れ下がっている。公園に隣接する旧岡谷市役所庁舎前庭には岡谷市高校生同盟とイルミネーション実行委員会のイルミネーションも点灯している。

点灯式のあいさつで早出一真市長は「イルミネーションがまちのにぎわい創出につながれば」と期待した。点灯は来年3月20日ごろまで。日没後から午後10時まで点灯する。

おすすめ情報

PAGE TOP