小中生にサッカー教室 元山雅・片山さん指導

LINEで送る
Pocket

片山真人さん(右から3番目)にドリブルの基礎を学ぶ小学低学年の子どもたち

諏訪FCは26日、松本山雅FC元選手の片山真人さんを招いたサッカー教室を諏訪市の諏訪中央公園スポーツ広場で開いた。小学低学年の部と高学年・中学生の部に分けて開催。フォワードとして活躍した片山さんからドリブルやシュートの基礎を学び、ミニゲームで成果を確かめた。

外部講師を招いた教室は初めて。低学年の部はドリブルの基礎練習を主とし、片山さんは「ボールとともに周りをよく見て。細かなタッチを心掛けて」と助言。「目の前の練習を全力でやる」とこの日のテーマを伝えられた子どもたちは、コーンを使った練習やドリブルリレーなどで失敗してもあきらめず、懸命に技術を磨いていた。

高学年・中学の部はシュートに特化した内容とし、児童の一人(9)=同市豊田小4年=は「ゴールキーパーがキャッチできない、強いシュートを学びたい」と意欲を見せていた。「小学校時代の基礎練習がとにかく重要」と片山さん。同FCは「年1、2回は講師を招いた教室を開催していきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP