温泉であったかお菜洗い場 みはらしファーム

LINEで送る
Pocket

みはらしファームのお菜洗い場で野沢菜などを洗う利用者

伊那市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファームは27日、野沢菜や羽広菜の収穫シーズンに合わせ、温泉スタンド横に「お菜洗い場」を開設した。漬物などに加工する冬野菜を温かい温泉水で洗うことができる。利用は12月17日まで。

初日は10人が来場。それぞれ軽トラなどで野沢菜を持ち込み、5基設けた洗い場でお菜洗いに精を出した。

「温泉で洗った方が野沢菜が柔かくなると聞くし、何より温かくて作業もはかどるのでありがたい」と喜ぶのは、毎年利用しているという近くの女性(66)。持参した野沢菜を湯に浸しながら一株一株丁寧に洗い、「水が切れれば、今日中にも漬け込みます」と話していた。

洗い場の利用時間は午前9時~午後3時15分。利用には事前の予約が必要。料金(1時間)は伊那市民200円、市民以外600円。公園事務所によると「直接来られる人もいるが予約した方が確実」という。予約、問い合わせは公園事務所(電話0265・74・1807)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP