マイコンカーラリー全国大会 岡工生3人出場

LINEで送る
Pocket

ジャパンマイコンカーラリー全国大会に出場する(左から)長田さん、塩澤さん、花岡さん

岡谷工業高校(岡谷市)電気部2年の塩澤匠生さん(16)=茅野市湖東=、長田地央さん(17)=同市豊平=、1年の花岡良太郎さん(15)=岡谷市加茂町=が、12月27、28日に松本市で開かれる「ジャパンマイコンカーラリー2024全国大会」(全国工業高等学校長協会主催)に出場する。11月25、26の両日に行われた北信越地区大会(松本市)で出場権を獲得。全国大会に向けて好成績を残せるよう意気込みを示している。

クランクや坂道、S字カーブのある1周50.04メートルのコースに自作のマシンを自律制御で走らせ、タイムを競う競技。マシンの制御方法などが異なるアドバンス、ベーシック、カメラの3部門がある。北信越地区大会では、塩澤さんがカメラクラスで2位に入賞。長田さんはアドバンスクラス、花岡さんはベーシッククラスで出場権を得た。

北信越地区大会では「実際の会場を見てから前日にプログラムを書き直し、コースから外れずに完走させることができた」と塩澤さん。花岡さんも「練習の成果を発揮し、決勝で自己最高記録を出せた」と手応えを示した。

全国大会に向けて3人は、より難易度の高いコースを走らせるため、練習コースのクランクの数を増やしたり、スピードが出た状態でカーブを走らせたりして本番を想定した調整を重ねている。部長を務める長田さんは「長野県での開催なので、全員で良い結果を残せるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP