「御神渡り」出現いつ? 認定日クイズ

LINEで送る
Pocket

2012年の御神渡りの写真を見せ、今季は御神渡りの出現を願う廣瀬会長

2012年の御神渡りの写真を見せ、今季は御神渡りの出現を願う廣瀬会長

諏訪地方の住民有志でつくる「時を考える会」は、諏訪湖の「御神渡り」の認定日を当ててもらうクイズを今季も行う。御神渡り予想を冬の話題にしてもらえればと募集を始め15季目。御神渡りはここ3季連続で出現しておらず、廣瀬博人会長(83)=岡谷市=は「ぜひ御神渡りができてほしい」とする。

八剱神社(諏訪市小和田)が、御神渡りが出現したと認定する日を予想してはがきに明記、住所、氏名、年齢と冬や諏訪湖に関する一言を添え、〒393―0015 下諏訪町立町 風雅舎気付「時を考える会」へ送る。はがき1枚に付き解答は一つとし、認定日の前日までに到着したはがきは有効とする。

的中者には協賛企業が提供する酒、みそ、菓子などを進呈する。御神渡りが出現しなかった場合は、クイズは不成立とし、協賛企業からの商品は会員が買い取り資金を捻出。独自のパンフレットを作成し、湖周の諏訪、岡谷両市と下諏訪町の全小学6年生にプレゼントする。

考える会によると、昨季は約200通の応募があったという。問い合わせは廣瀬会長(電話090・4950・5217)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP