一足早い”春” 清陵中で合格発表

LINEで送る
Pocket

諏訪清陵高校付属中の合格者番号を確かめる受験生と保護者=諏訪市清水

県立中学校の来年度入学者選抜の合格発表が12日、行われた。諏訪清陵高校付属中(諏訪市)では80人が合格。学校の玄関に張り出された合格者の受験番号から自分の番号を見つけ、一足早い春の到来を喜んだ。

午前9時、合格発表の掲示板を設置。集まった受験生や保護者が「あった」「良かった」と抱き合い、カメラを使って記念に撮影した。スマートフォンを取り出し、自宅で吉報を待つ家族に知らせる姿もあった。

合格した同市城南小学校6年の男子児童(12)は「バレーボール部に入って頑張りたい」。母親は「ほっとしている」と頬を緩めた。来年度から性差をなくす「ジェンダーレス制服」を取り入れる清陵中に対して、親子は「選択の幅が広がっていい」と話していた。

入学者選抜は2日に行われ、清陵中は前年度より12人多い194人が受験。倍率は0.15ポイント上回る2.43倍だった。屋代高付属中(千曲市)は、255人が受験して倍率は前年度を上回る3.19倍となり、80人が合格した。

おすすめ情報

PAGE TOP