DeNA・牧選手に県スポーツ栄誉賞

LINEで送る
Pocket

阿部知事からスポーツ栄誉賞の賞状を受け取った牧選手(左)

県は15日、横浜DeNAベイスターズの牧秀悟選手(25)=中野市出身=に対するスポーツ栄誉賞の表彰式を県庁講堂で開いた。約200人のファンも掛け付け、3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本代表の優勝に貢献するなどの活躍をたたえた。

表彰状と記念品の木曽漆器のワイングラス、中野市産のワインを贈った阿部守一知事は「ベイスターズ入団以来の活躍で多くの県民が勇気をもらい、力をもらい、心から応援してきた。WBCはテレビにかじりついて応援した」と述べ、「県民がこぞって応援していることを心に刻んで、ますます活躍していただきたい」と激励した。

牧選手は「県の野球人口は少なくなっていると聞いている。県出身の選手が盛り上げて、野球を好きになる子どもが増えれば」と話し、「このような賞をもらったからには来年もさらにいい成績を残して、チームが優勝して、またこのようにあいさつできれば」と意気込みを語った。

スポーツ栄誉賞は顕著な功績を挙げた県在住や県出身の選手などに贈っている。牧選手はWBCで7試合中6試合に出場し2本塁打を記録。今季のプロ野球ではセ・リーグ打点王と最多安打の2冠に輝いた。アジアプロ野球チャンピオンシップ2023でも決勝戦で本塁打を放ち、日本代表の2連覇に貢献した。

おすすめ情報

PAGE TOP