事故や犯罪ない1年へ 年賀はがきで啓発

LINEで送る
Pocket

交通安全や防犯、火災予防を啓発する年賀はがき

交通安全や防犯、火災予防を啓発する年賀はがき

事故や犯罪のない良い年にと、伊那郵便局(馬場義昭局長)は、お年玉付き年賀はがきを活用して交通安全や防犯、火災予防の啓発を行う。伊那市内外の28事業所から協賛を得て、1月1日にメッセージ入り年賀はがき5200枚を同局管内(5市町村)の一般家庭に配る。

毎年、社会貢献活動の一環として、年賀はがきや夏の「かもめーる」などを使って時期に合った啓発メッセージを発信。年賀はがきは今回で2回目になる。2種類の図案で、「絶対ダメ!!飲酒運転」「火の用心」と飲酒運転根絶や火災予防を訴えるデザインに加え、「地域みんなで子どもを被害から守ろう」「気をつけて!!特殊詐欺」と防犯を呼び掛けるデザインを新しく作成した。

年賀はがきは伊那署や伊那交通安全協会、上伊那広域消防本部などの協力でデザインを考え、地元の企業などに1口200枚、1万400円で協賛を募った。

同郵便局郵便部の青木修一部長は「地域の皆さんから多くの協賛があってこそ」と感謝し、「正月に集まった家族で防犯や交通安全などについて話し合い、良い1年にしてもらいたい」と期待した。

おすすめ情報

PAGE TOP