「正月の花」華やかに 伊那で教室

LINEで送る
Pocket

正月に飾る生け花に取り組む講座の参加者

伊那市生涯学習センターの生け花講座は25日、年末恒例の講座「正月の花」を同市荒井の同センターで開いた。月1回開く生け花講座の正月版。講座の受講者や一般参加者計22人が、「野の花・山の花」生け花研究家の北沢理光さんから花の生け方を教わり、正月に飾る生け花を制作した。

講座では正月を代表する南天、大王松、若松や柊南天、菊など16種類の花で四つの組み合わせを用意。参加者は北沢さんから花材の特徴や生け方のポイントなどの助言を受けながら、華やかな装いに仕上げた。

講座の受講生、宮下明子さん(76)=中川村=は柊南天、千両、白菊などの組み合わせを選び、玄関用の花を生けた。宮下さんは「孫や娘が来るから、歓迎するようなめでたいイメージで生けた。お正月らしくすがすがしい感じに仕上がってうれしい」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP