街を明るくイルミ輝く 岡谷の高校生と市職員

LINEで送る
Pocket

「Voice of AOHS」の高校生と岡谷市職員有志が街を明るくしようと飾ったイルミネーション=市役所イベント広場

岡谷市内の3高校の生徒でつくる「Voice of AOHS」(高校生まちづくり会議)と市職員有志は、市役所イベント広場にイルミネーションを設置した。ハートや星形、雪だるま、機関車をモチーフにした色とりどりの光が街を明るく照らしている。

イルミネーションの設置は2007年から市職員有志が毎年行っており、18年からは若者の意見をまちづくりに反映させるため、同年発足した同会議と共に行っている。当初は蚕糸公園に設置していたが公園のリニューアルに伴い、昨年からはイベント広場に会場を移して続けている。

今年度は9月から、毎月開かれる会議で高校生がデザインを考えてきた。岡谷東高2年の生徒(17)は「子どもから大人までいろんな人に見てもらい、明るい気持ちになってほしい」と話している。

点灯時間は午後5時~10時ごろ。来年3月20日まで。

おすすめ情報

PAGE TOP