二年参りのハーブ花束準備 茅野の長円寺

LINEで送る
Pocket

二年参りの参拝者に贈るハーブの花束を作る関係者

茅野市穴山の長円寺で28日、二年参りの参拝者に数量限定で贈る、ドライフラワーのハーブを使った花束が製作された。長年間続くこの時期恒例の花束作り。今年は6人が協力して作った。ハーブの花束の製作と二年参りのプレゼントは今年が最後になる。

花束はカモミール、ペパーミント、ラベンダー、オレガノ、ベルガモットなど10種類。開花の時期に合わせ、5月から10月にかけて収穫した後、乾燥させた。作業場では、ハーブのさわやかな香りに包まれる中、関係者が色合いなどのバランスを見ながら丁寧に仕上げていた。花束は約100束、刻んだハーブを入れた小袋も約100個用意した。和気あいあいとした雰囲気の中、関係者は笑顔を浮かべながら作っていた。

当初から花束と小袋の製作を毎年この時期に行ってきた宮里豊子さん(82)は「参拝に来られた皆さんに喜んでもらうのがうれしかった。今年で最後になるが、なるべく多くの皆さんの手に渡り、少しでも喜んでもらえたら」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP