みはらしファーム 新年幕開け祝ってにぎわい

LINEで送る
Pocket

みはらしファームの「スタートまつり」で福袋を当てようとダーツをする来場者

伊那市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファームで2日、新年の幕開けを祝う「スタートまつり」が開かれた。昨年一年の愛顧に感謝し、福袋などのさまざまな企画や体験を用意。大勢の家族連れらでにぎわった。

ダーツを投げ福袋を当てる「ダーツで福袋」(1回100円)は、野菜や加工品、ファーム内で使える割引券などが入った850~3400円相当の福袋を用意。参加費は経費を除き、1日に石川県能登地方で起きた最大震度7の地震の復興支援として寄付する。

福を求めてダーツの順番を待つ長い列ができ、自分の番になると勢いよく放った。1100円相当の福袋を獲得した東京都青梅市の60代男性は「まさか当たるとは。能登で地震があったけれど、これ以上の災害がない年になってほしい」と願っていた。

この他に、同ファームのとれたて市場に 並ぶ農産品10品の福袋(約4000円分)を2000円で販売。お汁粉の無料サービスや大道芸人のパフォーマンスなどもあった。

また、みはらしいちご園ではイチゴ狩りも始まった。要予約。

おすすめ情報

PAGE TOP