石川・能登で震度7 48人死亡 けが人多数

LINEで送る
Pocket

1日午後4時10分ごろ、石川県能登地方を震源とする地震があり、同県志賀町で震度7の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは16キロ。地震の規模(マグニチュード)は7・6と推定される。石川県では倒壊した建物の下敷きになるなどして48人の死亡が確認された。総務省消防庁によると、石川、富山、新潟など7府県で計107人が重軽傷を負った。

気象庁は能登地方に一時、大津波警報を発令。建物倒壊や火災が相次ぎ、政府は特定災害対策本部を非常災害対策本部に格上げし、被害の全容把握を急ぐ。馳浩知事は自衛隊に災害派遣を要請した。

石川県によると、死者は珠洲市で20人、輪島市で19人、七尾市で5人、穴水町で2人、羽咋市、志賀町で各1人。重傷者は16人。地元消防によると、輪島市の火災で200棟ほどが焼けたとみられる。

気象庁は「令和6年能登半島地震」と命名した。大津波警報は1日午後8時半に津波警報に切り替えた。山形、新潟、富山、石川、福井、兵庫各県に津波警報、北海道から長崎県までの日本海側などに津波注意報を出したが、2日午前1時15分にすべて注意報に切り替え、同10時に全面解除した。石川県で震度7を観測するのは初めて。大津波警報は2011年の東日本大震災以来の発令となった。

1日午後8時までに石川県輪島市で1・2メートル以上、金沢市で90センチ、山形県酒田市と富山市で80センチ、北海道せたな町で60センチ、新潟県柏崎市などで40センチの津波を観測した。

原子力規制委員会によると、震度7を観測した志賀町にある北陸電力志賀原発(運転停止中)のほか、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)、日本原子力発電敦賀原発(福井県敦賀市)、関西電力の美浜(同県美浜町)、大飯(同県おおい町)、高浜(同県高浜町)の各原発にも異常は確認されていない。

能登地方や能登半島沖では2日午後までに震度7の地震のほか、震度5強が4回、5弱が6回発生。周辺を含め、地震が活発に続いている。(時事)

おすすめ情報

PAGE TOP