2024年1月4日付

LINEで送る
Pocket

諏訪、上伊那地域でも晴れて日差しが届き、穏やかな朝を迎えた2024年は「まさか」の幕開けとなった。令和6年能登半島地震である。石川県では最大震度は7。小紙発行エリアでも震度2~4を観測した▼その瞬間、スマートフォンから警報音が激しく鳴った。緊張感を覚えながらテレビで状況を確認。アナウンサーが激しい口調で避難を呼び掛けていた▼四つのプレートの境目と大小さまざまな活断層が東西南北に走る日本列島。大地震はいつ起きてもおかしくない。自然災害に正月も盆も関係ない。そう分かっていながらも「新年早々になぜ」という思いを打ち消せずにいる▼発災から2日以上がたち、被害状況も明らかになってきた。家屋がつぶれ、塀が倒れ、大規模な火災が発生し、津波も観測。多くの尊い命が奪われた。まだ救助を待つ人がいるかもしれない。人命救助におけるタイムリミットの目安とされる72時間が迫る。まずは救助に全力を。その上で被災者の生活再建が一日も早く進むように十分な支援を。個人の立場でもきっと何かできるはず▼併せて今一度、備えを確認しよう。大地震発生時、どう行動して自らの命を守るのか。避難所生活で起こりうる不都合にどう向き合うか。私たちは自然の恵みを享受しつつ、災害の多い国で暮らしている。地震の被害を自分事としてとらえた時、被災地に寄せる思いは深いものになるだろう。

おすすめ情報

PAGE TOP