シェパード2頭に県嘱託警察犬委嘱 諏訪署

LINEで送る
Pocket

嘱託警察犬を委嘱されたナナ(右)とバンデ

諏訪署は4日、県嘱託警察犬の嘱託書交付式を諏訪市湖岸通りの同署で開いた。同署管内では今年、シェパード2頭に委嘱。高木康昭署長が指導手の関森春美さん(78)=同市中洲=と伊佐治務さん(48)=同=に嘱託書を手渡した。嘱託の期間は1年間で、主に行方不明者の捜索に協力する。

委嘱するのは関森さんが指導する7歳のアキュラ・フォン・オーシャン・キャナル(愛称ナナ)と伊佐治さんが指導する3歳のノーマン・フォン・ミナト・ツネイシ(愛称バンデ)の2頭。足跡追跡や服従の訓練などに日々励んでいるという。

関森さんは「指導手も高齢化が進みつつあるので、若い人に来てもらえればありがたい」とし「広報活動にも力を入れたい」と述べた。伊佐治さんは「犬がまだ若いので日々の訓練を大切にして、いざという時、警察に協力できるようにしたい」と意気込んだ。

おすすめ情報

PAGE TOP