無病息災願う「七草がゆ」 食材売れ行き好調

LINEで送る
Pocket

七草のセットを買い求める来店客=ツルヤ上諏訪店

一年の無病息災を願って1月7日の朝に食する伝統の行事食「七草がゆ」。諏訪地方の食料品店にも七草の食材が並び、来店客が相次ぎ買い求めている。

諏訪市諏訪1のツルヤ上諏訪店(徳武龍一店長)は入り口近くに専門コーナーを設けて売れ行き好調という。七草はゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、セリ、ナズナの7種類の葉物を使うのが習わしだが、近年は生産農家が減ったこともあり「ミツバやホウレンソウなどより身近な野菜を使ったセットや凍結乾燥させた日持ちの良い品もある」(徳武店長)という。

今年はそれら計4種類の品ぞろえで900セットの完売を見込む。「より多くの人に食べてもらえたら」と作り方も併せて提供し、食の伝統文化をつなぐ工夫もしている。手に取った主婦は「とにかく健康第一」と願いを込めていた。

おすすめ情報

PAGE TOP