生ごみ削減へ 諏訪市が新型コンポスト設置

LINEで送る
Pocket

諏訪市役所駐輪場の一角に設置された環境負荷の少ない生ごみ処理機「スマートコンポスト」

諏訪市は5日、新型生ごみ処理機「スマートコンポスト」を市役所駐輪場の一角に設置した。9日から2カ月近く、市民モニター21世帯が各家庭の生ごみを投入し、環境負荷が少ないとされる同処理機の有効性を確認し、燃やすごみの減量につなげる新たな処理方法を模索する。

同市は「燃やすごみ」の減量対策として、約4割を占める「生ごみ」の削減に取り組んでいる。水切りの徹底や生ごみ堆肥化容器等設置補助金の利用を促しているほか、2008年には自家処理が困難な家庭向けに福祉作業所「さざなみの家」に大型生ごみ処理機を設置。上諏訪地区を中心に約300人が登録して減量に協力している。

実証実験は、現在の装置が老朽化したため、生ごみの新しい処理方法を検討しようと実施に踏み切った。装置はkomham(コムハム、北海道札幌市)製で、幅1メートル、高さ1・5メートル、奥行き1メートルの箱型。太陽光発電で自動駆動する自律型で、県内自治体では初設置。微生物群「コムハム」が1~3日で生ごみの%を水と二酸化炭素に分解する。堆肥量は一般的なコンポストだと生ごみの半分程度だが、同装置だと2~3%に減容できるという。1日の処理能力は最大10リットル。

事業費は約70万円。セイコーエプソン(諏訪市)の寄付や経済産業省の補助金を活用して行う。コムハムの西山すの代表は「寒冷地で正常に高速分解できるか検証したい。人口減少社会のごみ処理に貢献できれば」と話す。市環境課は「市民の皆さんが環境問題に目を向けるきっかけになれば」と期待している。

モニターは随時募集中。申し込み、問い合わせは、同課(電話0266・52・4141)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP