諏訪湖畔が雪化粧 御神渡りへ冷え込み期待

LINEで送る
Pocket

雪化粧した諏訪湖畔。木々やベンチの影が雪上に延びた=8日午前、諏訪市湖岸通り3

寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まった影響で、諏訪地方は8日朝にかけて雪が降った。日中の最高気温は諏訪で1・6度、原村で0・9度にとどまり、ともに真冬並みの寒さに。諏訪湖畔もうっすらと雪化粧し、住民や観光客らは厚手のコートやジャンパーを着て散策やウオーキングをしていた。

諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)は8日朝、定点観測地点の水温が前日より下がったことを確認した。湖の広範囲が結氷した後に雪が降ると、布団のようになって氷のせり上がりに必要な寒暖差が伝わりにくくなるとされるが、「水温を下げてくれる結氷前の降雪はありがたい」と歓迎した。

「山々が雪化粧して、本格的な冬の訪れを感じる朝だった」と宮坂清宮司。湖面は波立っていたが、「大寒(20日)に向かって気温が下がってくると思う。まずは薄氷が張ることを期待しながら観察を続けたい」と話した。

長野地方気象台によると、9日の県内は朝の冷え込みが強まる見込み。諏訪の最低気温は氷点下7度と予想されており、今季最低となる可能性がある。

おすすめ情報

PAGE TOP