無病息災厄よけ祈願 辰野の上島普門院観音堂

LINEで送る
Pocket

護摩の炎に所願成就を願った

国重要文化財の木造十一面観音立像(妙海作)を安置する辰野町上島の上島普門院観音堂の新春厄よけ祈願祭が8日、同観音堂で開かれた。護摩祈とうで無病息災などを祈願。本尊のご開帳も合わせて行われ、多くの人が参拝に訪れた。

祈願祭は同観音を管理する上島区と十一面観世音菩薩奉賛会が主催。今年は関係者ら約20人が参列した。香住寺(同町今村)の備前有隆住職が厄よけや合格祈願、交通安全、安産祈願、世界平和などを願う人らの名を読み上げ、護摩木をたいた炎で所願成就を祈願した。

百瀬清美区長は、新年早々に起きた震災や航空機事故に触れ、「この先、皆さんに大きな災いが降りかかることなく、無事過ごせるよう祈願したい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP