駒ケ根市 JOCA通じ能登地震被災地に物資

LINEで送る
Pocket

支援物資を積んだトラックを前に出発式であいさつするJOCAの新井マネージャー

駒ケ根市は12日、市内の団体と共同で、能登半島地震の被災地支援として、市に本部を置く青年海外協力協会(JOCA)を通じて石川県内に支援物資を送った。現地の要望に沿い、使い捨て食器や衣服、衛生用品などを搬送。JOCAが連携協定を結ぶ社会福祉法人が運営する金沢市の施設を物流拠点に、関係施設を置く輪島市や能登町などの避難所に届けられる。

支援は、現地で3日朝から被災地支援を行っているJOCAの堀田直揮事務局長らの要請を受けて実施。新井大介マネージャー(44)が現地と連絡を取り、10日午後に支援物資の要望が寄せられたという。

用意したのは次亜塩素酸(20リットル)100缶や簡易トイレ2000セット、大人用おむつ130セット、からだ拭きシート37セット、使い捨てガウンやエプロン、肌着等の衣類約1500着、使い捨て食器など約9000個。駒ケ根商工会議所とロータリークラブ、ライオンズクラブ、青年会議所、市社会福祉協議会が物資の提供などで支援し、市と災害時の協力協定を結ぶ上伊那貨物自動車(同市)が輸送を担った。

市役所で開いた出発式で、商工会議所の福澤秀宏会頭は「各団体に快く協力していただいた。駒ケ根一丸となって支援でき、うれしく思う」とあいさつ。新井マネージャーは「1日足らずでこれだけのものを集めていただき本当にありがたい」と感謝し、「困っている人たちが、今の生活から少しでも良い方向に進んんでくれたら」と話した。

JOCAでは12日現在、輪島市と能登町に計23人の職員やOB・OGが派遣され、ボランティアで支援を継続している。

おすすめ情報

PAGE TOP