信玄ゆかり「諏訪法性兜」展示 諏訪湖博物館

LINEで送る
Pocket

昨年5月に引き続き特別展示として公開されている武田信玄ゆかりの「諏訪法性兜」=下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館

下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館は、同館所蔵の「諏訪法性兜(すわほっしょうのかぶと)」の特別展示を行っている。”戦国時代最強の武将”として語られる武田信玄(1521~73年)ゆかりのかぶととして知られる。普段はレプリカが展示されているが、昨年の大河ドラマで信玄のかぶととして登場し注目を集め、実物を見たい-との声が多く寄せられた。好評だった23年5月の大型連休に続いて公開。2月12日まで。

同館によると、信玄は諏訪大社の諏訪明神を「軍神」として深く信仰。軍旗に諏訪神号旗(じんごうき)を用いたほか、神社へ領地を寄進したり、神事を再興したりして諏訪信仰の保護に尽くした。諏訪法性兜の伝来はよく分かっていないが、諏訪神社の神職家に伝わったという。

かぶとの素材は鉄、革、木など。正面には木製の鬼神が付く。ヤクの毛の飾りが特徴。幅約40センチ。江戸初期に集成された「甲陽軍艦(こうようぐんかん)」にも記載が見られる。

特別展示に合わせ、江戸中期や大正時代に描かれた信玄像のパネルも掲示。江戸時代になると歌舞伎や浄瑠璃の演目「本朝廿四孝」(ほんちょうにじゅうしこう)の中で、信玄の息子・勝頼の許嫁・八重垣姫(やえがきひめ)が諏訪法性兜に祈りをささげ、諏訪湖を渡る場面が描かれ、”信玄のかぶと”として広く庶民に知られるようになったという。法性兜と八重垣姫を描いた浮世絵のパネルも展示している。

同館学芸員の太田博人さんは「時代ごとにかぶとへの評価や見方は異なるが、見る人の感性でいろいろと感じてほしい」と話している。

月曜休館。午前9時~午後5時(入館は同4時30分まで)。問い合わせは同館(電話0266・27・1627)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP