受験生の合格祈願 諏訪観光協会が応援ボード

LINEで送る
Pocket

合格を願ってカードを掲げる人たち=JR上諏訪駅

諏訪観光協会(佐久秀幸会長)は、合格祈願を託す「受験生応援ボード」を諏訪市のJR上諏訪駅と駅前交流テラスすわっチャオに設置した。学生や家族、友人らが絵馬に見立てたメッセージカードに思いを込めて掲げている。

人や思いをつなぐ場づくりとして同駅と仏法紹隆寺(同市四賀)の協力で受験シーズンに毎年設置している。カードは同寺がまつる文殊菩薩に祈祷をしてあり、ボードは3月13日正午まで掲げる。学校の受験がほぼ終わる3月22日におたき上げをする。

駅のボードにメッセージを寄せた下諏訪町高木の田中幸子さん(75)は孫の大学受験合格を願掛けした。下諏訪向陽高校3年の生徒は「受験に向けてすごく頑張っている友達を応援したい」と願いを込めていた。

佐久会長は「文殊菩薩様のご加護で無事合格を」、箱山真樹駅長は「朗報を得て上諏訪駅がこれから長い人生の始発駅になれば」とそれぞれ思いを寄せ、同寺の岩﨑宥全住職は「功徳が皆に行き渡って多くの人が希望に満ちた道を歩み、故郷をよくする力になりますように」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP