城南小で是枝監督講演 作品への思いなど語る

LINEで送る
Pocket

児童の質問一つ一つに丁寧に回答する是枝裕和監督

映画「怪物」や「万引き家族」などで知られる是枝裕和監督が22日、諏訪市城南小学校を訪れ、講演会を開いた。同校の4~6年生約230人と見学を希望した保護者ら約100人が出席。是枝監督は「撮影に協力してくださった皆さんにお礼を言いたくて来ているところもある」としながら、映画監督を志したきっかけや作品にかける思いなどを語った。

同校のPTAが主催する教養講座の一環。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5年ぶりの開催となったが、役員の負担軽減などを理由に今回で区切りとする。PTA教養委員長の伏見あすかさんは「最終回ということで諏訪に縁がある是枝監督の事務所に”ダメ元”で申し込んだところ、返信が来て驚いた」と振り返る。

同校の児童や保護者の中にはエキストラとして「怪物」に出演した人も多く、是枝監督が登場すると、会場に歓声が響いた。講演は子どもたちの興味関心を尊重したい思いから一問一答形式に。各クラスの代表が、あらかじめ話し合いで決めたという計8個の質問を投げ掛けた。

「どうして映画監督になろうと思ったのか?」という質問に是枝監督は映画好きの母の存在を挙げ、夜中にテレビで放映される古い映画を二人で見ていたと述懐。監督になるための資格や能力を尋ねられると「試験も資格もないが、そこが難しいところでもある」と説明し、映画館でひたすら映画を見たり、読書をしたりした経験がプラスになったと語った。

是枝監督は「皆さんのご協力のおかげで魅力的な諏訪湖の風景を映画の中にとどめることができた」と感謝。「小学生だとまだ早いかもしれないが、大きくなったら見てください」と呼び掛けていた。

「怪物」のワンシーンにエキストラとして出演したという6年生の児童は「実際に撮影の現場にいたこともあり、きょうの話を聞いて、映画を作るのにはいろいろな工夫と苦労があるのだと分かった」と興味深そうに話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP