厳かに「筒粥神事」 諏訪大社下社春宮

LINEで送る
Pocket

春宮の筒粥殿でヨシの茎などを入れた釜を囲む神職

春宮の筒粥殿でヨシの茎などを入れた釜を囲む神職

今年の世相と農作物の豊凶を占う諏訪大社の「筒粥神事」が14日夜、下諏訪町にある下社春宮で始まった。「諏訪の七不思議」の一つに数えられる神事で、神職がヨシなどを入れた釜を夜通しで炊き上げた。15日早朝に結果が告げられる。

午後8時に火入れの神事が始まり、幣拝殿でおはらいをした後、北島和孝宮司ら神職が筒粥殿に入っていろりを囲んだ。束ねたヨシの茎(長さ約18センチ)44本と白米、小豆、水を釜に入れ、木の棒を両手でもむようにして起こした火を移して炊き、大はらいの詞を10回唱えた。

小雪が舞う真冬の寒さの中、境内には氏子や写真愛好者らが訪れ、厳かな神事を静かに見守っていた。15日は午前5時から神事。ヨシを割り、入った粥の状態で、世の中の吉凶と、稲や野菜など43品目の農作物の出来を占う。

おすすめ情報

PAGE TOP