天空の樹氷 北八ケ岳ロープウェイ山頂駅

LINEで送る
Pocket

「北八ケ岳ロープウェイ」山頂駅周辺には青空と真っ白の樹氷による絶景が広がる。スノーシューや冬山登山に向かう人たちでにぎわった

「北八ケ岳ロープウェイ」山頂駅周辺には青空と真っ白の樹氷による絶景が広がる。スノーシューや冬山登山に向かう人たちでにぎわった

諏訪地方で久しぶりの快晴となった18日、茅野市北山の「北八ケ岳ロープウェイ」は冬山登山者やスキー、スノーシューを楽しむ人でにぎわった。山頂駅(2237メートル)に降り立った人たちは、青空と真っ白の樹氷が織り成す絶景に歓声を上げていた。

運行する北八ケ岳リゾートによると、18日午前7時の山頂駅の気温は氷点下14度。「数日前の雪で樹氷ができてきた。成長は風次第で日々変化している。冬ならではの大自然の風景を楽しんでほしい」と話している。

1人で訪れた看護師の荻野紘子さん(37)=東京都練馬区=は北横岳や縞枯山を日帰りで巡る日程。アイゼンを装着すると「自分の息遣いしか聞こえない無音の世界が冬山の魅力。景色や樹氷をカメラに収めたい」と笑顔で出発した。

おすすめ情報

PAGE TOP