紅梅うっすら雪化粧 宮田村広域農道沿い

LINEで送る
Pocket

雪の重みに耐える紅梅

雪の重みに耐える紅梅

上伊那地方は14日、未明から雪となった。水分を多く含んだ雪で、積もったところは少なかったが、山や田畑が白く覆われて冬に逆戻りしたような光景に。1週間ほど前には5月中旬並みの暖かさで開花が進んだ紅梅の花が、雪の重みに耐えていた。

宮田村の広域農道沿い、小さなお堂の前にある高さ約2メートルの紅梅の木。この時期は仰ぎ見る中央アルプスと花のコントラストでドライバーらの目を楽しませるが、14日は終日の雪で花を縮こませた。

関東甲信地方の週間天気予報によると、前半は高気圧に覆われておおむね晴れ、最高気温、最低気温ともに平年並みか平年より高い日が多いという。「暑さ寒さも彼岸まで」という春の彼岸は17~23日。紅梅も彼岸を待ち望んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP