伝統継承45周年 駒ケ根太鼓演奏会

LINEで送る
Pocket

演奏会を控え稽古にも熱が入る駒ケ根太鼓保存会のメンバー

駒ケ根太鼓保存会の発足45周年を記念する演奏会が28日、同市上穂栄町の市文化会館大ホールで開かれる。発足当初から脈々と受け継がれる光前寺(同市)の霊犬早太郎伝説を基にした「早太郎神楽」など11演目を披露する。子供連を含む約40人のメンバーが出演するほか、公募した市民らもステージに立ち、迫力の演奏を繰り広げる。

保存会によると、1971(昭和46)年に東京駒ケ根人会から太鼓の寄贈を受けて発足した。併せて創作したのが「早太郎神楽」。神楽を取り入れた珍しい太鼓演奏として保存会を象徴する演目になっており、今公演でも優雅な舞と迫力の太鼓で披露する。

3尺の大太鼓を使用する「綴(てい)-tei」も披露するほか、「疾風(はやて)」では女性陣が着物姿で演奏する。文化会館開館30周年の記念行事として公演に参加する市民も募り、園児から小学生とその保護者約20人が出演する。

周年イベントの演奏会は15年ぶり。代表の山田秀明さん(70)=同市小町屋=は「50周年に向け弾みを付ける演奏会にしたい。演奏会を通じて先輩たちに敬意を示すとともに伝統を引き継ぎ、郷土芸能の振興につなげたい」と話している。

午後1時開演。入場料は全席自由の500円(中学生以下無料)。問い合わせは代表の山田さん(電話090・3333・7511)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP