いなし出会いサポートセンター 伊那図書館に移転

LINEで送る
Pocket

伊那市は14日、結婚相談窓口「いなし出会いサポートセンター」を同市のいなっせから伊那図書館に移転し、リニューアルオープンした。気軽に訪れやすい雰囲気をつくるとともに、交流・活動スペースなどを新たに設けたほか、新年度には地域ぐるみで婚活を支援するためのボランティアを導入。結婚相談の充実を図り、結婚希望者の縁結びをサポートする。

同センターは、少子化や晩婚化が課題となる中、「結婚したいが、知り合う機会がない」といった悩みを抱える独身男女に出会いの場を提供しようと、2008年11月にいなっせ5階に開設した。20歳以上の独身者を対象に無料で登録を受け付け、パートナー候補を紹介したり、婚活に関する相談、情報提供などを実施。これまで延べ約600人が登録し、うち85人の結婚が成立したという。

新しいセンターは同図書館1階に設けられ、広さは48平方メートル。従来の場所はやや分かりにくいという声もあり、昨年秋に移転した「市民サービスコーナー」の空きスペースを活用した。広さはこれまでの倍以上になり、開放的な雰囲気に。独身者がサークル感覚で集える交流・活動スペースを設けたほか、最新の婚活書籍やブライダル雑誌を閲覧できるスペースを設置し、貸し出しも行う。

職員2人の体制は変わらないものの、センター事業の紹介や潜在登録者の掘り起こしなどの活動に取り組むボランティア「出会い結サポーター」(仮称)を新年度から導入。30人を目標に募集・登録を受け付け、相談支援や情報交換のための活動スペースを提供する。

同日は開所式を同センターで開き、テープカットなどを行って移転、開所を祝った。白鳥孝市長は「明るい雰囲気の中でたくさんの皆さんに訪れてもらい、1組でも多く結婚し、子どもがたくさんできることを期待している」とあいさつした。

住所以外に変更はない。開所時間は毎週火~土曜日(祝祭日、年末年始を除く)午前8時30分~午後5時15分。相談は事前予約が必要。

問い合わせは同センター(電話0265・71・4071)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP