「御霊代」秋宮から春宮へ 諏訪大社下社

LINEで送る
Pocket

下馬橋を経て春宮に向かう御霊代のみこし

諏訪大社下社の遷座祭が1日、下諏訪町で行われた。昨年夏の「お舟祭り」で秋宮に安置されていた御霊代(みたましろ)が、今年の御頭郷を務める諏訪市の「中洲・湖南」の氏子や大総代、地元奉仕者ら約250人の行列を伴い、春宮に移された。

御霊代を秋宮と春宮の間で半年ごとに移す恒例の神事。午後1時から秋宮で神事を行った後、御霊代を乗せたみこしを中心に、薙鎌(なぎがま)やのぼり旗などを持った人たちが行列をつくり、出発した。大社通りを下り、魁町から大門通りを春宮に向かう約2キロの道のりを進んだ。

毎年2月1日に行われるため、雪が舞ったり、道に雪が残る年もあるが、今年は春の初めを感じさせる日差しの恵まれた日和。行列の参加者も和やかな表情が目立ち、沿道からカメラを向ける住民や観光客も多かった。

おすすめ情報

PAGE TOP