子育てママ再就職へ 諏訪で合同企業説明会

LINEで送る
Pocket

事業所の担当者から仕事内容について説明を受ける子育て中の女性たち(左側)

県は2日、子育て中の女性を対象にした合同企業説明会を諏訪市のRAKO華乃井ホテルで開いた。子育てママの採用に前向きな諏訪地域の36事業所が参加。就労意欲を持つ93人が訪れ、採用担当者から仕事内容や勤務時間、職場の様子などを聞いて再就職の参考にした。

昨年度は諏訪市と長野市のみで催したが、今年度は12会場に拡充。子どもの入園を機に再就職したいという母親たちが多く、3月2日にかけて開催していく。事業を受託するイーキュア(松本市)によると、諏訪会場の来場者は昨年より20人余り、事業所数は7社増えたという。

小学3年生と幼稚園年長の2人の子どもを持つ諏訪市の女性(36)は「学校行事に参加しやすいなど、仕事と子育てが両立できる職場を選びたい」。旅行会社添乗員の経験がある同市の女性(43)は、1歳6カ月の長女と一緒に来場。「子育てをしながらできて、なおかつ前職を生かせる仕事があればいい。いろんな企業を回ってどんな人材を求めているか聞きたい」と意欲的だった。

女性社員の割合が高いスギムラ精工(岡谷市)の担当者は「子育てを経験しているママは、限られた時間の中で仕事をやりくりするのにたけている。即戦力です」と強調。人口減少やそれに伴う労働力不足を見据え「ママさんの力、女子の力がますます必要になってくる」とした。

時計宝飾販売などのヤマザキ(諏訪市)は「諏訪地域は製造業が中心で、小売業が新卒を安定的に確保することは難しい。意欲と能力のある母親たちが来ているので、条件が合うかいろいろとお話をしたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP