伊那に県内外のご当地ギョーザが勢ぞろい

LINEで送る
Pocket

来場を呼び掛ける伊那餃子会事務局

伊那市内の飲食店などでつくる「伊那餃子会」(桜井信久会長)は25、26の両日、伊那餃子まつり2017を同市日影のベルシャイン伊那店で開く。同会オリジナルギョーザで春限定の「春の桜薫る伊那餃子」をはじめ、「浜松餃子」(静岡県)など県内外のご当地ギョーザが勢ぞろい。「ギョーザ尽くしの2日間を楽しんで」と、多くの来場を呼び掛けている。

同会が定めた「餃子の日感謝デー」(2月26日)に合わせて実施。2年目の今回は、日程を2日間へと拡大させた。同会が全国餃子サミット協議会に参加している縁で、人気ギョーザを扱う県外の団体・店舗も協力出店する。「県内では珍しいギョーザイベント。伊那の地で、ご当地グルメをPRしギョーザの食文化を盛り上げたい」(同会事務局)と意気盛んだ。

当日は、『餃子のまち』で知られる静岡県浜松市の「浜松餃子」、大きな揚げ餃子として人気の「津ぎょうざ」(三重県津市)がお目見え。こだわりのギョーザを提供している南信地方の3店もブースを並べる。購入先が同会を含め3団体・店舗を超えた場合は、同会加盟店の一部で使える食事券(300円相当)をプレゼントするスタンプラリーも企画した。伊那市在住のシンガーソングライターの深瀬人寛さんも出演し、まつりを盛り上げる。

同会は伊那餃子と桜伊那餃子(先行販売)の2種類を、特別価格で提供する予定。伊那餃子は、地元産の雑穀アマランサスや信州みそを使ったヘルシーな餃子。桜伊那餃子は、刻んだ桜の塩漬けの葉を伊那餃子に練り込んでいる。

時間は午前10時~午後4時(26日は同3時予定)。

問い合わせは同会事務局の伊那商工会議所(電話0265・72・7000)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP