辰野町沢底で福寿草祭り 25、26日

LINEで送る
Pocket

鮮やかな黄色い花が咲き競うフクジュソウ群生地=辰野町沢底

辰野町沢底で、フクジュソウが見頃を迎えた。群生地のあちこちで陽光に誘われるように黄色い花が開き、山里に春の訪れを告げている。地元有志でつくる実行委員会が25、26の両日に「第15回沢底福寿草祭り」を開くほか、3月19日まで鑑賞期間を設けて見物客を歓迎する。

南向き斜面を中心に広がるフクジュソウ群生地では、約1万株が自生。同実行委で町花であるフクジュソウを守り伝えようと、毎年保護やイベント企画などの活動を進めており、今年も木のチップを敷いたりロープを張るなどして遊歩道を整備した。

暖冬のため開花ペースは例年より1週間ほど早いが、今週に入ってつぼみが開き始めた株も多い。実行委事務局は「日差しをたっぷりと浴びてきれいに開いており、花数が豊富な沢底ならではの咲き姿を楽しめる」としている。

祭りは両日午前9時~午後3時、入村ふれあいセンターを主会場に開く。初日開幕式では子どもの花笠踊り、辰野中学校吹奏楽部の演奏が花を添える。凍り餅や地元農産物などの販売もある。沢底公民館から送迎バスを運行する。問い合わせは実行委事務局の有賀茂人さん(電話090・9158・4991)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP