機能誘導区域を設定 駒ケ根市の立地適正計画

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市は都市機能の効率化でコンパクトなまちづくりを目指す「立地適正計画」の素案をまとめた。人口減少を踏まえ、居住や福祉、商業などの都市機能を一定区域に集める「コンパクトシティ」の形成に向け、市の方向性を示す計画。素案では都市機能を中心拠点や生活拠点に集約する「都市機能誘導区域」を市内3カ所に設定する方針で、市街地の人口密度を維持することで、持続可能な都市経営を目指していく。

2014年8月に施行された改正都市再生特別措置法に基づく計画。人口減少や高齢化が進む中、持続可能な市を目指して都市機能や居住機能を一定区域に誘導する。対象は都市計画区域の赤穂地区で、都市機能誘導区域のほか人口密度の維持により生活サービスなどの確保を図る居住誘導区域を設定する。

素案では人口減少、少子化、公共交通、観光地としての優位性などを都市構造上の課題に指摘し、その克服に向け▽コンパクトな市街地環境の整備▽歩いて暮らせる住環境の整備▽公共交通ネットワークによる円滑な地域交通の確保▽持続可能な都市の構成要素となる都市機能の立地促進―をまちづくりの基本方針に設定。「都市機能を集約する地域や必要な施設を定めることで、その周辺に居住を誘導し、持続可能な都市経営を目指す」(市企画振興課)としている。

市では中心市街地、子育て、観光の拠点となる3地域を都市機能誘導区域に設定。JR飯田線駒ケ根駅周辺を「生活利便性維持区域」、子育て支援センターを併設した経塚保育園周辺を「子育て支援向上区域」、観光施設が集まる駒ケ根高原一帯を「山岳観光拠点区域」と位置付け、区域ごとに立地を誘導すべき施設や計画実行による目標値などを定めている。

計画期間は19~33年度だが、都市機能誘導区域のみ17年度からの計画とする。素案はパブリックコメント(意見公募)を経て、今年度中に成案化。居住誘導区域の計画は18年度中に策定する方針だ。

おすすめ情報

PAGE TOP