春色チューリップ みはらしファームで祭り

LINEで送る
Pocket

春らしい色の花が来場者を呼び寄せているチューリップ祭り=はびろ農業公園みはらしファーム

伊那市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファームで4日、第15回チューリップ祭りが始まった。市内の若手農業者でつくる伊那農業青年研究会が主催する春の恒例行事で、とれたて市場前の特設売り場には黄色や薄いピンク色のつぼみを付けたチューリップが並び、大勢の人たちでにぎわっている。5日まで。

同市美篶の鉢花栽培農家、春日彰さん(50)が育てた46品種約2500鉢を展示即売。「ピンクダイヤ」や「アンジェリケ」などの人気品種のほか、紫の色目が美しい「シルクロード」や通常は出荷しない希少品種も並んでいる。

初日は天候に恵まれて出足が良く、開場1時間前には品定めする人の姿があったという。家族で訪れた来場者は「かわいいね」「これがいいんじゃない」と相談しながら買い求めていた。

午前9時~午後3時。1鉢800円(5号鉢8球植え)。売り上げの一部は大規模災害で被災した地域への義援金に充てる予定。問い合わせは公園事務所(電話0265・74・1807)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP