春先取り桜花漬 諏訪の原田商店

LINEで送る
Pocket

濃いピンク色の花びらの選別や、パック詰めを行う従業員

食品加工の原田商店(諏訪市湖南)で、八重桜の花を塩漬けした「桜花漬」の製造が最盛期を迎えている。塩と梅酢で1年間漬け込んだ濃いピンク色の花びらをパックと容器に詰め、県内外の土産店や小売店、アンテナショップなどに出荷している。

春限定商品で2月から生産を開始。昨春に摘み取られた南信州産の花びらを用いており、選別からパック詰め、ラベル貼りまで手作業で行っている。「春を先取りする商品。桜が開花すると売れなくなる」といい、例年3月初旬に出荷量が増える。

湯飲み茶わんに入れて湯を注ぐとふわっと花が開き、春の色と香りが広がる。「ご飯、ヨーグルトに混ぜるのもお勧め」と原田健司社長。「他の商品と同様に県産にこだわり、着色料も使っていません。信州の春を感じてください」と話している。

内容量30グラムで350円(税別)。問い合わせは同社(電話0266・58・2525)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP